肝炎医療コーディネーターについて|医療法人社団三愛会|高崎市の内科・消化器内科・各種健診・介護老人保健施設

〒370-3511 群馬県高崎市金古町1758
027-373-3111(代表)
ヘッダー画像

コラム

肝炎医療コーディネーターについて|医療法人社団三愛会|高崎市の内科・消化器内科・各種健診・介護老人保健施設

肝炎医療コーディネーターについて

 

B型肝炎、C型肝炎などのウイルス性肝炎は、国内最大級の感染症とも言われており、持続感染者(キャリア)は全国で300万人以上と考えられています。

ご自身が肝炎ウイルスのキャリアであることを知らない方、キャリアと分かっていても自覚症状がないために医療機関を受診していない方、一度は医療機関を受診していても、治療が適切に行われず知らないうちに病気が進行してしまう方もいらっしゃいます。

現在、ウイルス肝炎の治療は副作用も少なく、効果の高い内服薬での治療が主流です。また、医療費の助成を受けられることもあります。

 

肝炎医療コーディネーターは、肝炎についての幅広い知識とスキルをもとに、市民の皆様または患者様に寄り添い、肝炎ウイルス検査の受検勧奨やキャリアや患者様への適切な保健指導、医療費助成の案内などを行います。

患者様やご相談者様と医師(肝臓専門医)との橋渡しなども行います。

 

当院は群馬県指定肝疾患専門医療機関であり、肝臓専門医のほか、7名の肝炎医療コーディネーターが在籍しています。(20246月時点)

ぜひお気軽にご相談ください。

 

当院の肝臓内科についてはこちらから詳しくご覧になれます。

肝臓内科

TOP